北くまもと井上産婦人科医院

北くまもと井上産婦人科医院

MENU

ブログ

Blog

排卵誘発剤と乳がんのリスク

排卵誘発剤と乳がんのリスク 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医の渋谷バースクリニック院長 井上治 先生の記事からの引用です。 排卵誘発剤は性腺ホルモンレベルの急速な上昇に伴い、エストロゲン感受性組織、特に乳房組織にこの薬剤の直接的および間接的な影響、乳がんリスクに対する直接的および間接的な影響は不明であり、臨床的にも非常に重要です。 乳がんは女性の8人に1人が罹患しています。未産は乳がんの危険因...

続きを読む

新型コロナ感染症後の精液所見

新型コロナ感染症後の精液所見 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医の渋谷バースクリニック院長 井上治 先生の記事からの引用です。 新型コロナウイルス感染症は、今までのコロナウイルス株と比較して毒性が低いが、強い感染性を示し、女性よりも男性の方が致死率が高いとジョンズホプキンス大学が報告しています。
SARS-CoV-2ウイルスが性腺に局在する可能性が報告されており、活動性のあるCOVI...

続きを読む

人工授精における総運動精子数は妊娠率に影響する

人工授精における総運動精子数は妊娠率に影響する 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医の 井上治 先生の記事からの引用です。   今回37,553 人の合計 92,471 回の人工授精を調査し、洗浄後の総運動精子数が妊娠率に影響するのではないかという報告をご紹介します。 Fertil Steril. 2021 Jun;115(6):1454-1460. 以前より洗浄後の総運動精子数が人工授...

続きを読む

男性の体型と精液所見の関連性について

男性の体型と精液所見は関連があるの? 本日は”体型と精液所見が関係あるのではないか”という報告をご紹介いたします。 2019年1月 Hum Reprod
Association between BMI and semen quality: an observational study of 3966 sperm donors 世界中で7000万人のカップルが不妊または不妊を経験して...

続きを読む

PCOS患者さんの1親等において代謝障害の有病率が増加する

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは、若い女性の排卵障害では多くみられる疾患で、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。頻度は女性の20人にひとりと言われており、決して稀な疾患ではありません。 自覚症状としては、 (1)月経周期が35日以上 (2)月経が以前は順調だったのに現在は不規則...

続きを読む

葉酸で妊娠率が上昇する?

本日は葉酸についての報告をご紹介いたします。 妊娠前に葉酸を摂取することで、新生児の神経管閉鎖障害の発症のリスクを減少させることはすでに知られています。 しかし、葉酸摂取で妊娠しやすくなるかについては、あまり報告がありません。 今回、 Folic acid supplementation and fecundability: a Danish prospective cohort study...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ