北くまもと井上産婦人科医院

北くまもと井上産婦人科医院

MENU

産科

Obstetrics

産科の診療内容
妊婦健診(4Dエコー)
分娩について
無痛分娩
B.B.S(バースサポートシステム)
母親学級
母乳外来

妊婦健診Pregnancy Screening

当院では妊婦健診の際に4Dエコーを行うことができます。4DエコーはSDカードに記録いたしますので、おうちでご家族の方もお腹の赤ちゃんの様子がよくわかると評判です。
写真は妊娠初期と妊娠中期の赤ちゃんの4Dエコー写真です。とてもかわいらしいですね!!

ご出産記念「エコーDVD」をお贈りいたします。

4Dエコーおなかの赤ちゃん

  • 赤ちゃん02
  • 赤ちゃん01
当院で分娩される妊婦さんには無料でSDカードを配布しております。妊婦健診の際にSDカードに記録した赤ちゃんの様子は、出産後に赤ちゃんの沐浴シーンと一緒にDVDに記録してプレゼントいたします。SDカードは出産のときまで大事に保管をお願いいたします。

妊婦健診のスケジュール

~12週
2週間に1回
12週~23週
4週間に1回
24週~35週
2~3週間に1回
36週~
1週間に1回
予定日~
1週間に2回以上
  • 妊婦健診イラスト
  • ※妊娠20週、妊娠30週に赤ちゃんに大きな異常がないかどうかを調べる胎児スクリーニング検査を行います。胎児スクリーニング検査は超音波専門医が行います。

このようなときにはお電話でお知らせください。

  • 陣痛が規則的に始まったとき
    初めてのお産の妊婦さん・・・10分間隔
    2人目以降の妊婦さん ・・・15~20分間隔
  • おしるし(少量の出血)があったとき
  • 破水したとき
  • 生理より多い出血や、持続性の強い痛みがあったとき
  • 安静にしていても胎動が少ないと感じたとき

分娩についてAbout Delivery

妊婦さんのバースプランに寄り添いながら、自分自身の力を信じ、充分にリラックスして素晴らしいお産に臨んで頂けるようにサポートいたします。 また、当院では、安全かつ楽なお産を目指し、ソフロロジーを用いたお産や、ご希望の方には硬膜外麻酔による無痛分娩も行うことができます。
日本周産期・新生児医学会専門医(母体・胎児)や新生児蘇生法「一次」 コースインストラクターの資格を有した医師が在籍しており、より安全で確実な医療を提供いたします。

ソフロロジーに関しては、母親学級でDVDを使用して学ぶことができます。また、陣痛で入院した時に陣痛室で復習することもできます。お気軽にお声掛けください。

ソフロロジーに関して

無痛分娩Labor analgesia

当院では硬膜外麻酔を使用した無痛分娩を行っております。分娩の途中で痛みが強くて無痛分娩をご希望される場合にも対応いたしますので、お気軽にお声掛けください。当院には麻酔科標榜医の資格を有する医師が在籍しておりますので、安全かつ快適なお産を目指した無痛分娩を提供いたします。

無痛分娩Q&A

お産はどのくらい痛いのですか?

陣痛やお産の痛みには個人差がありますが、多くの女性にとって陣痛は生涯で経験する最も強い痛みといわれており、骨折や裂傷よりも痛いとの報告もあります 1)。 陣痛が始まる頃は、「生理痛のような痛み、お腹をくだした時のような痛み」と感じる方が多いようです。お産が進むと、腰全体、外陰部、肛門周囲の痛みが強くなります。

1) Melzack R, et al : The myth of painless childbirth(the John J. Bonica lecture). Pain 1984 ; 19 : 321-337.

無痛分娩とはどういうものですか?

当院の無痛分娩は硬膜外麻酔という方法で行っています。背中から細い管を入れることで、陣痛の痛みをつかさどる神経を直接ブロックすることができるため、強い鎮痛効果があります。痛みの軽減の程度には個人差はありますが、自然分娩と比べるとはるかに楽になります。

無痛分娩は安全ですか?

硬膜外麻酔での無痛分娩は日本で最も一般的に行われている方法であり、安全性は高いと考えられます 1)。 通常の分娩と比べても帝王切開率は変わらないと報告されています 2)。 また、硬膜外麻酔で使用する麻酔薬の赤ちゃんへの影響はほとんどないと言われています 3)

1) 天野 完 : わが国における無痛分娩の変遷. 産科と婦人科 2015 : 5(13) ; 479-483.

2) Wong CA, et al : The risk of cesarean delivery with neuraxial analgesia given early versus late in labor. N Engl J Med 2005 ; 352 : 655-665.

3) Scll TJ, et al : Epidural analgesia in early labour blocks the stress response but uterine contractions remain unchanged. Can J Anesth 1998 ; 45 : 626-630

利点は何ですか?

陣痛は強い痛みであり、苦痛を伴います。その痛みをコントロールして緩和することで分娩進行中も穏やかに過ごすことが可能となります。また、無痛分娩を行った場合には、子宮口が開きやすくなるため分娩時間自体は短くなる傾向にあります 1)。また、分娩経過中の過度の子宮収縮を抑制することで、胎児への血流を改善することが報告されています 2)。さらに、分娩のストレスが産後の授乳に影響し、その分娩のストレスを無痛分娩で緩和することで、授乳へのメリットがあることが報告されています 3)

1) Wong CA, et al : The risk of cesarean delivery with neuraxial analgesia given early versus late in labor. N Engl J Med 2005 ; 352 : 655-665.

2) Hägerdal M, et al. : Minute ventilation and oxygen consumption during labor with epidural analgesia. Anesthesiology 1983 ; 59: 425-427.

3) Chestnut DH : Labor Epidural Analgesia and Brestfeeding. Anesthesiology 2017 ; 127 : 593-595.

欠点は何ですか?

硬膜外麻酔を行いますので、それに伴う合併症の可能性があります。具体的には、母体の低血圧や硬膜外カテーテルの迷入があります。また、麻酔が効くことによる分娩第2期の遷延(子宮口全開大~児娩出)や児の回旋異常があります 1) が、帝王切開率は一般の分娩と変わらないと報告されています2)

1) 加藤 理恵 : 硬膜外無痛分娩による母児への副作用・合併症対策. 産科と婦人科 2015 : 5(13) ; 509-514.

2) Wong CA, et al : The risk of cesarean delivery with neuraxial analgesia given early versus late in labor. N Engl J Med 2005 ; 352 : 655-665.

分娩時間は長くなりますか?

麻酔の影響で怒責が弱くなり分娩第2期(子宮口全開大~児娩出)は延長する傾向がありますが、無痛分娩を行った場合には分娩第1期(陣痛開始~子宮口全開大)は短縮する傾向があります。その結果、分娩時間自体は短縮すると報告されています1)

1) Wong CA, et al : The risk of cesarean delivery with neuraxial analgesia given early versus late in labor. N Engl J Med 2005 ; 352 : 655-665.

無痛分娩は誰でも出来ますか?

脊椎の手術を行ったことがある方や側彎症の診断を受けている方は、残念ながら硬膜外麻酔を用いた無痛分娩を行うことはできません。もし、そのような既往歴のある方に硬膜外麻酔を行うと危険ですので、心当たりのある方は教えて頂けると幸いです。そのような既往のある方でも、ソフロロジーでの陣痛緩和を用いた分娩を行うことはできます。

キャサリン妃も無痛分娩でした

イメージ写真

英国のウイリアム王子の妻キャサリン妃は、平成27年5月2日8時34分にロンドンのセント・メアリー病院で3,700gの女児を出産しました。

キャサリン妃は破水で入院し、2時間30分後には出産、9時間30分後には退院しました。お産した当日に退院したわけです。

なぜそのように回復が早いのか?その理由は無痛分娩で出産したからです。
無痛分娩にてお産が楽になり、体力の消耗もなく、分娩後9時間半で退院が可能となったわけです。

ヨーロッパ、アメリカでは無痛分娩が主体となっていますので、そういう流れが日本にも当然やってくると思います。当院では、今まで11,000 例の無痛分娩を行っています。

あなたも、キャサリン妃と同じ無痛分娩を体験してみませんか?

B.S.S.(バースサポートシステム)Birth Support System

みなさまが、自分自身の力を信じ、充分にリラックスして素晴らしいお産に臨んで頂けるように、当院の分娩室が新しく生まれ変わりました。

バースサポートシステム

陣痛~出産をよりスムーズに乗り切るための全く新しい「B.S.S(バースサポートシステム)」を導入し、やさしい音楽と心休まる照明でスムーズなお産を応援しています。

  • 分娩台
  • 分娩室

陣痛発作時、間欠時、誕生、産後の休息時など、それぞれの場面でより高いリラクゼーション効果が得られるように考えられた音楽、呼吸法支援音や照明が、スムーズで感動的なお産を応援します。

陣痛間欠時の照明
陣痛間欠時の照明
いきみ時の照明-1
いきみ時の照明-1
いきみ時の照明-2
いきみ時の照明-2
誕生祝福の照明
誕生祝福の照明
産後休息の照明
産後休息の照明

インドの医師3名が当院に伺察に訪れました。

陣痛~出産をよりスムーズに乗り切るための全く新しい「B.S.S(バースサポートシステム)」を導入し、やさしい音楽と心休まる照明でスムーズなお産を応援しています。

説明を受けているところ
BBS( Birth Support System )の説明を受けているところです。
高いリラクゼーション効果が得られるように考えられた音楽、呼吸法支援音や照明
超音波検査4Dで赤ちゃんの映像を見ているところです。

BBSが紹介されました。

BBS01

最近では、高齢出産が増え、赤ちゃんが出てくる「産道」といわれる部分が硬かったり(難産道強靭)、陣痛が弱かったり(微弱陣痛)する場合が増えてきました。 難産等で分娩時間が長くなると、お母さんにも赤ちゃんにとっても負担になります。

無痛分娩は、自然分娩に比べて陣痛の痛みが軽減しますが、心理的な要因による不安は、患者さまによってはコントロールが難しい場合があります。

そこでBSSが非常に有益なものとなります。やさしい(心地よい)音楽、映像、照明によってお産をサポートするのです。無痛分娩とBSSの併用により、よりよいリラックスが得られます。

  • BBS02
  • BBS03
  • BBS04
  • BBS05

母親学級Mother’s Class

母親学級の後にご希望の方には病棟見学を行っております。
母親学級の日程については、お気軽にスタッフにお尋ねください。

前期
妊娠の経過(体の変化、胎児の成長)について
早産の徴候と予防について
妊娠中の食生活について
体重のコントロールについて
妊娠中のマイナートラブルについて
後期
お産の経過について
お産の始まり、入院のタイミング、お産の流れ、入院してからの経過
入院の準備について
呼吸法について(CDを使ってイメージトレーニングを行います)
無痛分娩について
出生後の赤ちゃんのケアについて
乳房ケアについて
早産の徴候と予防について
妊娠中の管理について
胎動チェック法について

母乳外来Breast Feeding

当院には助産師がおりますので、産前・産後のお悩みや、おっぱいケア、母乳についてのお悩みについてのご相談も受け付けております。お気軽にご相談ください。

母乳と愛情ホルモン

授乳のイラスト

お母さんと赤ちゃんは、見つめ合うことで、愛情の交換をします。
目が合うとお互いに笑顔が溢れます。これだけでオキシトシン「愛情ホルモン」が分泌されます。

 お母さんが、お乳を飲ませるときには、胸に抱いて、赤ちゃんの目を見つめます。

産れたばかりの赤ちゃんの視力は、母乳を飲ませてもらう時のその距離でしか、焦点が合いません。
つまり、母乳を飲むときしか、赤ちゃんはお母さんを見ることが出来ないことになります。 母乳を飲ませることにより、オキシトシン「愛情ホルモン」が分泌され、乳汁分泌は良くなり、お互いの愛情は、ますます強くなると思います。

しかし、どうしてもお乳が出ないお母さんがいます。 当院ではお乳の出るお薬を処方してお乳の分泌を促しますので、看護師に申し出てください。