北くまもと井上産婦人科医院

北くまもと井上産婦人科医院

MENU

ブログ

Blog

院内コンサートを行いました♪

10月31日にピアニストの月岡翔生子さんと、ベーシストの丹羽肇さんのデュオコンサートを行いました。 お二人ならではの息のあった演奏は素晴らしかったです。 参加していただいた皆様、お忙しい中お越しいただいてありがとうございました。 次回の院内コンサートは、来年の始めくらいを予定しております。 ご興味のある方は、お気軽に受付にお声掛けください。 ...

続きを読む

さそり座生まれの赤ちゃんへのプレゼント🦂

さそり座(10/24~11/22)生まれの赤ちゃんには、トパーズのベビーリングをプレゼントしています。 さそり座生まれの人が身につけると幸運を招く宝石はトパーズです。 トパーズは愛情や友情、幸福を象徴する宝石です。 トパーズを護身符として身につけると、さまざまな霊障や悪念、邪念を払い、心身ともに健全な状態にすることができます。 トパーズは金で細工して所持することで、一層効果が高まると言われていま...

続きを読む

天秤座生まれの赤ちゃんへのプレゼント⚖

天秤座(9/23~10/22)生まれの赤ちゃんには、オパールのベビーリングをプレゼントしています。 天秤座生まれの人が身につけると幸運を招く宝石はオパールです。 オパールの石言葉は、希望、無邪気、純潔などで、愛の様に美しい子供の化身とも呼ばれていました。 てんびん座生まれのひとがオパールを身につけると、変化に富んだおもしろい出来事が次々に起こり、新しい夢と希望が湧いてきます。 オパールを身につけ...

続きを読む

過多月経について

過多月経について 過多月経とは 過多月経とは月経量が異常に多いことを指しています。 日本産婦人科学会用語集によると、”月経の出血量が異常に多く、通常140ml以上のものを指す。臨床的には患者の訴えで判断されるため、それほど厳格なものではないが、その結果として貧血に陥っている場合が多い”と定義されています。 しかし、月経量をいちいち測定している患者さんはいないと思いますので...

続きを読む

乙女座生まれの赤ちゃんへのプレゼント👩

乙女座(8/23~9/22)生まれの赤ちゃんには、サファイヤのベビーリングをプレゼントしています。 獅子座生まれの人が身につけると幸運を招く宝石はサファイヤです。 十戒が刻まれていたのはサファイヤであるとも伝えられています。 純潔、誠実、慈愛などの石言葉にも象徴されるように、ローマ教皇も叙位新任と同時にサファイヤの指輪を右手にはめていました。 乙女座生まれの人が身につけて愛用すれば、豊かな人生の...

続きを読む

獅子座生まれの赤ちゃんへのプレゼント🦁

獅子座(7/23~8/22)生まれの赤ちゃんには、ペリドットのベビーリングをプレゼントしています。 獅子座生まれの人が身につけると幸運を招く宝石はペリドットです。 その昔キリスト教では、黙示録に登場し聖都エレサレムの城壁の土台に飾られた12の宝石の一つとなっていました。 透明なオリーブ色を持つペリドットは太陽の石といわれ、その太陽のパワーで暗闇を照らし悪魔を退散させると言われてきました。 獅子座...

続きを読む

翡翠の雛への給餌🐣

◎翡翠の雛と餌を運ぶ親鳥の写真です♪ 巣立ちしてから、1週間は親が魚を運びます。 右が親で、左が雛です。 魚を渡すときには、尾の場合鱗が逆さになるので、必ず、頭を先にします。  親が魚を捕って、雛に給餌に来ました。   親が魚を捕ってきました。左が親で、右が雛です。親は足が赤くなっています。   雛が、親から魚を受け取ります。   親が雛に魚を渡して...

続きを読む

翡翠の雛の誕生🐣

巣立ちして一週間ぐらいの翡翠(かわせみ)の雛です。
翡翠の成鳥は美しいブルーの羽根が背中に存在しますが、雛は真っ黒でコロコロとしています。 巣立ちしたばかりの雛の2羽です。性別は6ヶ月ぐらいしないとわかりません。
雌はくちばしの下半分が赤くなってきます。   早朝、巣から出て来るので、画像は全体に暗くなります。   羽繕いを行っています。 巣の中は...

続きを読む

院内コンサートのお知らせ🎵

8月22日(木)午後3時から、新館研修室でピアノコンサートを開催します♬ 今回は夏休み中なのでお子様もご一緒に歌ったりできる、楽しい音楽会です。 熊本を中心に活躍されている米満美香さんと米村節子さんのピアノ連弾をお楽しみください。ご興味のある方は、お気軽に受付にお声掛けくださいね。 ~プログラム~ ・くるみ割り人形より『行進曲』と『花のワルツ』  ・リストのピアノ協奏曲 第一番より ・情熱大陸 ...

続きを読む

土用の丑の日

本日は「土用の丑の日」です。昼食に鰻丼を召し上がっていただきました。 なぜ「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣ができたのか?
いろいろ諸説はありますが、一番有名なお話をしたいと思います。 江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、平賀源内に相談したところ、「”本日丑の日”という貼り紙を店に貼る」という発案が成功し、うなぎ屋は大繁盛したそうです。当...

続きを読む

1 2 3 4 5 7

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ