北くまもと井上産婦人科医院

北くまもと井上産婦人科医院

MENU

ブログ

Blog

自然妊娠に関する情報 Vol.2

Pocket

自然妊娠に関する情報 Vol.2

不妊治療

前回の報告の続きの自然妊娠、出産に関する報告をご紹介いたします。

日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 井上治 先生の記事からの引用です。

Fertility and sterility, 2022-01, Vol.117 (1), p.53-63

・喫煙

喫煙は出産に関してはかなり悪影響を及ぼします。 10,928人の喫煙女性と19,128人の非喫煙女性を比較した大規模なメタアナリシスでは、喫煙女性は1.6倍も不妊症である可能性が有意に高いことがわかりました。また、喫煙が卵枯渇の速度を加速する可能性があることも示唆している。喫煙はまた、自然妊娠やART妊娠の両方で、流産のリスクの増加と関連しています。喫煙男性では、精子濃度と運動率の低下、および精子形態の異常が観察されていますが、入手可能なデータでは、喫煙が男性に関する出産率を低下させる決定的なものはありません。

・アルコール

女性において出産に関するアルコールの影響は明確に確立されていません。アルコールは有害な影響を与えると結論付けた研究もあれば、アルコールが出産する可能性を高める可能性があることを示唆した研究もあります。
ストックホルムの7,393人の女性を対象としたコホート研究では、不妊のリスクは1日2杯のアルコール飲料を飲んだ女性で有意に増加し、1日1杯未満の飲酒で減少したことが観察されています。
対照的に、29,844人のデンマークの妊婦からの自己報告によって得られたデータは、飲酒した女性の方がアルコールを飲まなかった女性よりも受胎までの時間が短いことを示唆していました。しかし、1,769人の産後のイタリア人女性を対象とした研究では、アルコール摂取と妊娠困難との間に関係は見られませんでした。

女性による高レベルのアルコール摂取(1日2杯以上、1杯に10 gのエタノールを含む)は、妊娠を試みる際におそらく避けるのが最善ですが、より穏やかなアルコール摂取が出産に悪影響を与えることを示す証拠は限られています。もちろん、アルコールは胎児の発育に有害な影響を与えることが十分に立証されており、「安全な」レベルのアルコール消費は確立されていないため、妊娠中はアルコールを完全にやめる必要があります。

男性の慢性アルコール依存症は、精子数、精子の運動性、精子の形態、精液量、および血清テストステロンレベルの低下と関連しています。 ある調査研究では、アルコールを大量に消費している男性のパートナーは、軽い飲酒者と非飲酒者よりも妊娠までの時間が長かった。 大量のアルコール摂取は男性の有害なホルモンおよび精液マーカーと関連していますが、用量反応は確立されておらず、適度なアルコール摂取が男性の出産に及ぼす影響の証拠はありません。 アルコール乱用はまた、男性と女性の性機能障害のリスクの増加と関連していると報告されています。

・カフェイン

高レベルのカフェイン消費(500 mg; 1日あたり> 5杯のコーヒー)は、出産に至る可能性が低下するという報告や、妊娠中、カフェインを1日あたり200〜300 mg(1日あたり2〜3カップ)以上摂取すると、流産のリスクが高まる可能性がありますと報告されています。ただ、先天性異常のリスクには影響せず、妊娠前または妊娠中の適度なカフェイン消費(1日あたり1〜2杯のコーヒーまたはそれに相当するもの)は、出産または妊娠の結果に明らかな悪影響を及ぼしません。また、カフェインの消費は男性の精液パラメーターに影響を与えません

・環境ばく露

食品、水、空気、および消費者製品に含まれる合成・天然に存在する環境化学物質への曝露が、男性と女性の出産する可能性の低下に関連している可能性があります。特に懸念されるのは、内分泌かく乱化学物質であり、生物のホルモン系および恒常性系を変化させ、健康への悪影響をもたらす外因性化合物の一種です。

大気汚染に関しては、ヨーロッパ、米国、および中国の出生率の低下に関連していると報告されています。また他の報告では、主要道路の近くに住むカップルは、遠くに住むカップルよりも不妊のリスクが高く、妊娠するまでの時間が長いことが示されています。さらに、主要道路の近くに住んでいると、二酸化窒素や微粒子物質への曝露が、妊娠する可能性が低下し、流産のリスクは上昇することが示されています。また、男性は精子DNAの断片化と異数性の増加、精子の正常形態と運動性の低下、生殖ホルモンレベルの変化など、精液所見に影響すると関連付けた研究も数多くあります。

・まとめ

•妊娠までの期間は年齢が上昇するととともに長くなります。 35歳以上の女性の場合、6か月間妊娠しなかった場合、不妊症の専門家との相談を検討する必要があります。
•妊娠しやすい期間中の1〜2日ごとの性交は、妊娠する可能性が高くなります。
•定期的に頻繁に性交することができないカップルの場合、出産する方法は、頻繁な性交を肥沃な時間枠に合わせ、妊娠までの時間を短縮するのに役立ちます。
•妊娠を試みる男女は、アルコールとカフェインの使用は、妊娠しようとしている間、最小限から中等度に制限する必要があります。
•妊娠を希望する女性は、毎日葉酸サプリメント(400μg)を服用する必要があります。
•生殖年齢の男女は、可能な限り、食品、空気、水、パーソナルケア製品に含まれる内分泌かく乱化学物質や大気汚染への曝露を少なくするように奨励されるべきです。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ