北くまもと井上産婦人科医院

北くまもと井上産婦人科医院

MENU

ブログ

Blog

🌸桜と翡翠とこげら


◎桜と翡翠とこげらの写真です。

こげら(キツツキの仲間)の抱卵から雛の巣立ちまでを追いました。

~桜と翡翠~

桜にうまくとまってくれた翡翠です。                    

 

川に飛び込んだ後で濡れたままの翡翠です。

 

桜を背景に夕日に照らされて、やや赤みを帯びた翡翠です

背景のピンク色は桜の花です。

 

 

~こげら~

こげら(国内のキツツキの中で一番小さい)が3月に桜の木に巣を作りました。

こげらの雄には頭の外側に赤い羽毛があります。

 

こげらの雌は頭の赤い羽毛がありません。つぶらな瞳が可愛いです。

 

~抱卵の期間(14日間)~

巣の中に卵があり、その卵を温めます。
巣の入り口の大きさは500円硬貨の大きさです。

 

巣に潜っていきます。

 

雄と交代するのを、巣穴の前で雌が待っています。

 

~孵化の時期(21~22日間)~

孵化により雛が誕生したと思われます。雌が大きな昆虫を雛に運びます。

後半になると餌の量も多くなってきます。

 

雌のこげらが餌を持って帰ってきました。

 

餌の捕獲の交代のため、巣の中から雄が出てきました。

一瞬の間に飛び出していきます。

 

巣立ちの前になると、巣の中を掃除するようです。

口にくわえているのは、雛の糞です。この日は4月21日(日曜日)でした。

翌日の昼頃には雛は巣立ちをしたようです。

診療が終わって夕方撮影に行ったときには、もういませんでした。残念!

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ